各種セミナー・講習会の案内

第4回 ita赤外線サーモグラフィソリューションセミナー
インフラメンテナンスにおける赤外線サーモグラフィの活用
開催概要

インフラ構造物の老朽化や少子高齢化に伴う検査技術者不足などにより、メンテンス技術に関する関心がより一層高まっています。
赤外線サーモグラフィ装置は、熱分布を可視化し評価する事が可能で、インフラ・重要施設においても様々な目的で活用されております。
本セミナーでは、赤外線サーモグラフィによる活用をテーマに各業界でご活躍されている方々にご講演を賜り、赤外線サーモグラフィによるインフラ・重要施設への活用に興味を持たれている技術者、管理者、研究者の方々を対象に、診断技術の向上の一助になることを目的としています。

後援 =依頼中=
(順不同、敬称略)
・公益社団法人日本プラントメンテナンス協会
・一般財団法人日本建築防災協会
・一般社団法人日本非破壊検査協会
・一般社団法人日本非破壊検査工業会
(※ご後援団体の会員様は、会員価格にてご参加いただけます)
参加対象 赤外線サーモグラフィによるインフラ・重要施設への活用に興味を持たれている技術者、管理者、研究者
開催日時 2020年3月23日(月)10時~16時30分
会場 大田区産業プラザPiO(東京都大田区)
定員 100名(先着順)
受講料
(テキスト代、消費税込み)
一般13,200円
会員8,800円
プログラム(予定)
演題 時間 講演者
非破壊検査技術の最新事例 10:00~
11:00
神戸大学
教授 阪上隆英(当協会理事長)
非接触方式による外壁調査の診断手法および調査基準に関する検討
- 建築基準整備促進事業T3の報告
11:00~
12:00
国立開発研究法人建築研究所
建築生産グループ 上席研究員 眞方山美穂氏
赤外線カメラを用いた橋梁の維持管理技術(仮題) 13:10~
14:00
本州四国連絡高速道路株式会社
(講師選定中)
プラント設備のサーモグラフィによる状態監視技術 14:10~
15:00
株式会社サーモグラファー
代表取締役 山田浩文氏
熱画像カメラを搭載した防爆・プラント自動巡回点検ロボット 15:10~
15:45
三菱重工業株式会社 パワードメイン
原子力事業部 機器設計部 技監・主幹技師 大西献氏
サーモグラフィを活用した構造物診断について 15:45~
16:20
株式会社ジャスト
イノベーション企画部 齋藤憲二氏
開催場所・日時
開催場所 開催日時
東京会場 大田区産業プラザPiO 4階コンベンションホール梅
〒144-0035 東京都大田区南蒲田1-20-20
map
お問合せ先:当協会 事務局
TEL: 050-5809-6413
2020年3月23日(月)
10時~16時30分
(開場・受付開始9時30分)
お申し込み時のご注意
●自然災害、講師の急病等の真にやむを得ない事情により、急遽開催を中止する場合がございます。
●セミナー開催の最少催行人数に達しなかった場合、やむをえず開催を中止する場合がございます。この場合、中止のご連絡は開催日初日から起算して7営業日前までに差し上げます。
●中止となった場合、受講料の全額を返金いたします。ただし、中止に伴う不便、費用、その他の個人的損害について、当協会では責任を負いかねます。恐れ入りますが、あらかじめご了承ください。
●受講にかかる交通費、宿泊費等の諸経費はお客様負担となります。
●受講お申し込み後のキャンセルは、開催日から起算して7営業日前の17時までに必ずEメールまたはお電話にてご連絡ください。開催日6営業日前から開催日当日までのキャンセルにつきましては、キャンセル料として受講料の全額を申し受けます。
※営業日は、当協会の営業日に準ずる

個人情報の取扱について:申込書に記載された個人情報は講習会・セミナー関係の書類等の作成や送付及び講習会・セミナー情報のお知らせ等に使用します。その他の目的には使用いたしません。